>  > 【ウイイレ】フォアチェックとリトリート、アグレッシブとセーフティの違い

【ウイイレ】フォアチェックとリトリート、アグレッシブとセーフティの違い

ウイニングイレブン2018ならびにウイイレアプリ2018において、守備タイプのフォアチェックとリトリート、プレッシングのアグレッシブとセーフティに違いについて紹介します。

初心者はリトリート・アグレッシブがオススメ

YouTube「ウイイレアプリ研究会」では、下の動画で、守備タイプのフォアチェックとリトリートの違いについて解説しています。

動画の内容をもとに、メリット・デメリットをまとめました。

フォアチェック・アグレッシブ

選手全員が、積極的に相手からボールを奪う戦術になります。

<メリット>
パスコースを限定させる
オフサイドを取りやすくなる
高い位置でボールを奪える

<デメリット>
一気に数的不利の状況に追い込まれる

フォアチェック・アグレッシブは、カウンター攻撃をされやすくなるため、初心者には難しい戦術です。

フォアチェック・セーフティ

選手全員が、積極的にボールを奪いに行く一方で、ボールを持った選手には距離を置いて時間を稼ぐ守備戦術です。

<メリット>
パスコースを限定させる
ポゼッションをしづらくさせる
オフサイドを取りやすくなる

<デメリット>
カウンター攻撃を受けやすい

フォアチェック・セーフティはよく見かける戦術ですが、ゴール前では、先ほど紹介したフォアチェック・セーフティと同じ戦術になってしまい、やはり初心者向けではありません。

リトリート・アグレッシブ

引いて守りつつも、ボールを持つ選手に対しては、積極的にプレスをかける戦術です。

<メリット>
カウンター攻撃を防げる
ボールを持つ選手の動きを止める

<デメリット>
シュートを打たれやすい

リトリート・アグレッシブは、初心者に人気が高い戦術です。

リトリート・セーフティ

引いて守り、ボールを持った選手に対しても、距離を置いて時間を稼ぐ守備戦術です。

<メリット>
カウンター攻撃をしづらくさせる

<デメリット>
ゴール前で決定機を作りやすくなる

リトリート・セーフティは、わざと敵の侵入を受け入れるため、ボールを取る技術が伴わないと、失点が増える結果となります。