>  > 持ち運べる超軽量ウッドストーブを比較

持ち運べる超軽量ウッドストーブを比較

登山やキャンプで使え、自由に持ち運べる超軽量のウッドストーブを比較します。

コンパクトタイプ

コンパクトサイズの超軽量ウッドストーブは次の2製品です。

コンパクトなウッドストーブを比較
ウッドバーニングストーブ ソロストーブ
特徴 二重壁構造で燃焼効率が高い。 二重壁構造で燃焼効率が高い。
火力が強い。
サイズ
(組み立て時)
Φ138×
170mm
Φ145×
145mm
重量 350g 225g
材質 ステンレス ステンレス
価格 1,500円 8,640円

(価格は2017年6月時点、税込み)

これら2製品の特徴やメリット、デメリットを詳しく紹介していきます。

ウッドバーニングストーブ

ウッドバーニングストーブはイギリスWild Stoves社の「ワイルドストーブ」をマネした中国製品です。

ウッドバーニングストーブのメリットはワイルドストーブより価格が数分の1であることです。

一方、製品本体の底側に穴が開いているため、灰が必ず下に落ち、灰の処理が必要になることがデメリットです。

ソロストーブ

下はソロストーブの公式動画です。

ウッドストーブの代名詞であるソロストーブは、先ほど紹介したウッドバーニングストーブに比べて外径と高さが一回り大きいにもかかわらず、重さは2/3程度に軽量化されています。

一方、価格はウッドバーニングの数倍です。

(2016年秋より商品名が「ソロストーブ(Solo Stove)」から「ソロストーブ ライト(Solo Stove Lite)」へ変更しました。)

折たたみタイプ

折たたみ式の超軽量ウッドストーブは次の2製品です。

折たたみ式のウッドストーブを比較
ネイチャーストーブ ヘキサゴンウッドストーブ チタニウム ファイヤーアント 純チタン製
特徴 価格の安いステンレス製もある 価格の安いステンレス製もある 100グラム以下の重量
サイズ
(組み立て時)
140×
140×
160mm
127×
76×
101mm
不明
サイズ
(収納時)
130×
130×
15mm
180×
170×
5mm
145×
115×
3mm
重量 320g 116g 80g
材質 ステンレス チタン チタン
価格 4,800円 6,380円 7,900円

(価格は2017年6月時点、税込み)

これら3製品の特徴やメリット、デメリットを詳しく紹介していきます。

ネイチャーストーブ

下はネイチャーストーブを紹介した動画です。

ネイチャーストーブの大きな特徴は、本体の底が細かい網目状になっており、空気を取り込みやすくなっていることです。

ヘキサゴンウッドストーブ チタニウム

下はヘキサゴンウッドストーブを紹介した動画です。

ヘキサゴンウッドストーブは腐食やサビに強いチタンで製造されており、頑丈なことが特徴です。

なお、価格の安いステンレス製も発売されています。

ファイヤーアント 純チタン製

下はファイヤーアントを紹介した動画です。

先ほど紹介したヘキサゴンウッドストーブと同様にチタン製を採用しており、耐荷重20kgの耐久性を誇ります。

なお、価格の安いステンレス製も発売されています。