>  > 【80kg未満限定】薪ストーブ比較

【80kg未満限定】薪ストーブ比較

スポンサードリンク

薪ストーブは100kgを超える製品が多いですが、80kg未満の薪ストーブを比較します。

条件は、輻射式+二次燃焼

80kg未満の薪ストーブは「屋外使用を前提としたタイプ」や「料理に使用できるタイプ」など、様々な種類があります。今回は薪ストーブの性能を最大限活かすため、次の条件を満たす製品を比較します。

  1. 屋内で使える
  2. 輻射熱または対流熱がしっかり機能するもの
  3. 二次燃焼機能があるもの

10万円のものや、高性能なものまで

上記の条件を満たした薪ストーブは次の6つです。

80kg未満の薪ストーブ比較[DIY向け]
DANTEX
「向日葵 F420」
DANTEX
「和暖WD-560SS」
モキ製作所
「MD80Ⅱ」
価格
(参照サイト)
85,185円
(楽天)
179,047円
(Amazon)
205,200 円
(楽天)
重量 50kg 70kg 70kg
サイズ(mm) W400
D530
H460
W560
D580
H660
W400
D620
H600
燃焼効率 62% 80% 不明
暖房面積 60~70畳 80~100畳 8~80畳
薪の最大長さ(mm) 500~550 450 440
最大熱出力 8kW 12kw 17kW
煙突径(mm) φ106 φ150 φ150
その他特徴 日本製。
炉台は簡易なもので良い。
日本製。
炉台は簡易なもので良い。
「暖キープブロック」を利用することで、より暖かくより丈夫になる。(オプション)
日本製。
灰取り・煙突掃除ブラシ付属。
800度の燃焼温度で温める。
竹も燃やして良い。

(価格は税抜き)

80kg未満の薪ストーブ比較[一般向け]
ダッチウエスト
「エントリーFA244」
モルソー
「2B-RスタンダードCB」
ヨツール
「F 602」
価格(参照サイト) 190,000円(公式サイト) 200,000円(公式サイト) 220,000円(公式サイト)
重量 79kg 61kg 78kg
サイズ W595
D510
H600
W580
D718
H708
W320
D540
H640
燃焼効率 74.5% 60.9% 73%
暖房面積 56畳 27畳 61畳
薪の最大長さ 460 450 400
最大熱出力 7.7kW 6kW 8.5kW
煙突径 φ152 φ120 φ150
その他特徴 アメリカ製。
本体の背面と底面がヒートシールドで覆われているため、簡素な炉台や背面パネルで良い。
外気導入キットを取り付ければ高断熱・高気密住宅に対応(オプション)。
クリーンバーン燃焼搭載。
ガラス洗浄機能あり。
輻射熱・対流熱複合式。
ファン搭載可能(オプション)。
デンマーク製。
炉台は簡易なもので良い。
クリーンバーン燃焼搭載。
ノルウェー製。
炉台は簡易なもので良い。
クリーンバーン燃焼搭載。
ホットプレートを搭載。

(価格は税抜き)

DANTEX「向日葵 F420」

価格:85,185円(税抜き、2015年9月時点)
重さ:50kg

向日葵(ひまわり)F420は小柄ながらも長い薪が入り、対応する薪の最大長さは500~550mmです。また、重さは50kgに抑え非常に軽いことが特徴です。

一方、燃焼効率は60%と低いため煙が出やすいです。

向日葵F420の燃焼の様子は動画で公開されています。

 

DANTEX「和暖WD560」

価格:179,047円(税抜き、2015年9月時点)
重さ:70kg

和暖WD560は燃焼効率が80%と高く、鋼板製なので耐久性が高いです。さらに「暖キープブロック」を利用することで、より暖かくより丈夫になります。

また、先ほどの向日葵シリーズに比べて熱出力が大きく上昇し、最大熱出力は12kwにアップ。一方、重さは70kgに抑えています。

しかし、対応する薪の最大長さは450mmと、向日葵シリーズに比べて短くなりました。

WD-560の上位機種「WD-660」の燃焼の様子は動画で公開されています。おそらくWD-560も同じ燃焼状態でしょう。

 

モキ製作所「MD80Ⅱ」

モキ製作所が製造する薪ストーブは、他の薪ストーブとは大きく異なります。下の表はモキ製作所と他のメーカーとの違いです。

モキ製作所vs他のメーカー
モキ製作所 他のメーカー
本体が耐えられる温度 1,000度 400度
推奨する温度 800度 250度以下
推奨する木材 針葉樹・広葉樹・竹 広葉樹
重さ 軽い 重い

モキ製作所は燃焼炉を製造している会社であり、ストーブ本体はメーカーいわく1000度まで高温になっても耐えられる仕様に製造されています。また、燃料に竹を使ってよいことも特徴です。

また、800度の高温燃焼により煙と灰が非常に少ないことがメリットです。

一方、モキ製作所の薪ストーブは独特の仕様であり、使いにくいという声もあります。特に、超高温燃焼によって燃料が早くなくなるため、薪の投入量は多くなります。

ダッチウエスト「エントリーFA244」

価格:190,000円(税抜き、2015年9月時点)
重さ:79kg

燃焼方式は輻射式と対流式を両方採用しています。460mmの薪に対応し、クリーンバーン燃焼で完全燃焼に近づけています。

ガラス洗浄機能があることが他の製品との大きな違いです。

モルソー「2B-RスタンダードCB」

価格:200,000円(税抜き、2015年9月時点)
重さ:61kg

今回紹介した薪ストーブの中で最も熱出力が小さく、暖房面積も小さいです。

クリーンバーン燃焼を採用し完全燃焼に近づけています。

ヨツール「F 602」

価格:220,000円(税抜き、2015年9月時点)
重さ:78kg

F 602は1938年にデビューして以降、200万台を売り上げた大ベストセラーモデルです。

F 602の特徴は、サイズが小さい割に熱出力や暖房面積が大きこと。そして本体上部にホットプレートを搭載していることです。

また、クリーンバーン燃焼を採用し完全燃焼に近づけています。