>  > 炉台の蓄熱性、コスト、耐久性を比較

炉台の蓄熱性、コスト、耐久性を比較

スポンサードリンク

書籍「薪ストーブ生活」で解説している情報をもとに、レンガ、コンクリート、天然石、鉄板・ガラス、タイルといった薪ストーブの炉台の蓄熱性、コスト、耐久性を比較します。

レンガvsコンクリートvs天然石vs鉄板・ガラスvsタイル

沐日社出版の書籍「薪ストーブ生活」では、炉台に用いるレンガ、コンクリート、天然石、鉄板・ガラス、タイルの特徴を紹介しています。

本書に掲載されている情報をもとに、各炉台の特徴を下の表にまとめました。

炉台比較
レンガ コンクリート 天然石 鉄板・ガラス タイル
蓄熱性 最良 最良 最悪 普通
コスト 最悪 普通 最良 普通
耐久性 最良 普通 普通

それぞれの特徴を紹介します。

レンガ

薪ストーブの炉台として最も伝統的な素材は耐火レンガです。蓄熱性が非常に高く、DIYも可能です。一方、壁や床への負担は大きく、補強工事が必要な場合もあります。

コンクリート

コンクリートは耐久性に非常に優れています。一方、大幅なリフォームが必要であり、コストが高くなります。

天然石

天然石は主に床部分だけに使われ、設置が簡単で、蓄熱性が非常に優れています。一方、衝撃に弱いことも事実です。

鉄板・ガラス

薪ストーブにボトムヒートシールドが付いており、床への熱対策がなされている薪ストーブの炉台には、薄い鉄板やスチール、耐熱ガラスが使えます。

薄い鉄板やスチール、耐熱ガラスは価格が非常に低くて、軽量で、設置が簡単です。一方、蓄熱性が低く、ガラスの場合は衝撃に弱いです。

タイル

タイルは、広さに応じて施工面積の調整が簡単にできます。また、他の炉台に比べて、タイルの蓄熱性やコスト、耐久性は中間くらいです。