>  > ペレットストーブのガラスが黒く曇る原因は排気管だった

ペレットストーブのガラスが黒く曇る原因は排気管だった

スポンサードリンク

ペレットストーブのガラス窓が真っ黒に曇るのは、排気出口にススが詰まっていたことが原因でした。

ガラスが真っ黒に

初めて買ったペレットストーブ「さいかい産業 RS-mini」を使い始めて2週間ぐらいたつと、使用時間に比例して前面ガラスが黒く曇っていきました。
さいかいRS-mini

症状はだんだん悪化していき、購入してから1か月ぐらいたつと、数時間でガラスが完全に真っ黒になり、ペレットストーブの中の炎が見えなくなりました。

さらに、ガラス窓を雑巾で掃除しても、ススが完全に取れなくなりました。(ペレットストーブのガラス窓をキレイにする方法で紹介した灰を使った掃除方法を使えば、キレイにススが取れます。)

網目状の排気出口は詰まりやすい

そこで、ペレットストーブの取扱説明書を見ると、ガラスが真っ黒になる原因がいくつか書かれていました。

その中で、排気管について気になったので実際に見てみると、案の定、排気出口がススでほとんどふさがれており、排気しにくい状態となっていました。つまり、ガラスが真っ黒に曇る理由は、ペレットが不完全燃焼しているためです。

我が家に設置してあるペレットストーブの排気管は網目状なので、ススがたまりやすい構造なのだと思います。

さいかいRS-mini
(写真はススを払い落とした後)

排気管を抜いて掃除をすると、排気出口の灰は簡単に落ちます。掃除後はガラスが曇りにくくなりました。

スポンサードリンク