>  > 薪ストーブの触媒の寿命は3年

薪ストーブの触媒の寿命は3年

スポンサードリンク

薪ストーブ業者によれば、触媒燃焼方式の薪ストーブに使われている触媒の寿命は3年です。

業者が断言!3年ごとに交換する必要あり

私が薪ストーブ業者から直接聞いた話では、触媒燃焼方式の薪ストーブに使われている触媒(キャタリティックコンバスター)の寿命は3年です。

また、株式会社愛研「一般的な鋳物製薪ストーブとモキ製作所の鋼板製薪ストーブの比較」では、薪ストーブ業者が、触媒の定期交換が2~4年ごとに必要になると紹介しています。

よって、触媒の寿命は約3年であることがわかります。

取替え費用は高額

薪ストーブ日記「触媒燃焼方式の薪ストーブ 開発の背景」では、薪ストーブ業者が触媒燃焼方式の薪ストーブのデメリットを紹介しています。内容をまとめると以下の3点のデメリットがあります。

  1. メンテナンスをこまめにしないと正常に動作しなくなる
  2. 触媒燃焼方式は構造が複雑で、クリーンバーン式に比べて薪ストーブ本体が故障しやすい
  3. 触媒の取換え費用が高額

特に問題なのが触媒の取り換え費用です。触媒は消耗品であり、部品だけで2万5千円程度します。

さらに、薪ストーブ業者に取替えを依頼するなら、追加で数万円の費用が必要です。よって、自給自足のために薪ストーブを購入するのであれば、触媒燃焼方式の薪ストーブは向いていません。