>  > 【非常用電源】ポータブルソーラー蓄電池ランキング

【非常用電源】ポータブルソーラー蓄電池ランキング

スポンサードリンク

ソーラーパネルと正弦波出力のリチウムイオン蓄電池を組み合わせた、非常用電源としても使えるポータブル製品をランキングで紹介します。

3製品を比較

ソーラー発電機とリチウムイオン蓄電池の一体型または簡単に接続でき、正弦波出力の製品は以下の3つです。

ソーラー蓄電池の比較
製品名 SL-12H SL-200
+
SL-P28
ソーラー蓄発くん
ソーラーパネル容量 30W 28W 52W
蓄電池容量 250Wh 推定222Wh 900Wh
定格出力 AC:100V
(50Hz)
DC:12V/5A
AC:100V
(50Hz)
DC:12V/2A
USB:5A/1V
AC:100V
(50Hz/60Hz)
最大出力 250W 200W 600W
充電時間
(太陽光)
12時間 12時間 不明
充電時間
(AC電源)
6時間 7時間 不明
重量 9.2kg 2.8kg+3.1kg 15kg
メリット 価格が安い USB出力端子がある。
価格が安い。
充電しながら出力可能。
パネルの変換効率が良い。
電池容量が大きい。
出力が大きい。
デメリット 重い。 非常に重い。
価格が高い。
価格 約6万円 約4万円+1万円 約33万円

(上の表は横にスクロールできます)

(価格は2017年5月時点、税込み)

上記3製品をランキングで紹介します。

1位:クマザキエイム「SL-12H」

クマザキエイム社の「SL-12H」は、30Wのソーラー発電+250Whの蓄電池が一体となったソーラー蓄電池です。

外観はアタッシュケースであり、ケースを開ければ即座に太陽光発電ができます。30Wしか発電できないため、満充電するのに理論上12時間かかることがデメリットです。実際に私が使用した感覚では、満充電するのに晴天でも2日かかりました。

一方、価格の割に蓄電池容量が最も多いことがメリットです。

クマザキエイム社は「正弦波」出力と言っていますが、価格的に見て不可能であり、おそらく擬似正弦波出力です。

(SL-12Hの使用レポートはこちらで詳しく書きました。)

2位:クマザキエイム「SL-P28」+「SL-200」

クマザキエイム社の28Wソーラーパネル「SL-P28」と200Wh蓄電池「SL-200」を組み合わせると、ソーラー蓄電池として利用できます。

「SL-P28」が約1万円、「SL-200」が約4万円なので、2つ合わせると、ランキング1位の「SL-12H」(5万円)と価格はあまり変わりません。

1位の「SL-12H」より優れている点は2つあります。

1つ目は「軽さ」です。「SL-12H」は9.2kgあり持ち運びに不便です。一方、「SL-P28」が3.1kg、「SL-200」が2.8kgのため、より楽に持ち運ぶことができます。

2つ目は「寿命」です。「SL-12H」が内蔵しているリチウムイオン電池は、太陽の熱によって温度が上昇し、電池の寿命が短くなります。しかし、「SL-200」は日陰に置くことができるため電池の寿命は長くなります。

一方、「SL-12H」より劣っている点は定格出力と蓄電池容量。定格出力は「SL-12H」が250W、「SL-200」が200Wです。蓄電池容量は「SL-12H」が250Wh、「SL-200」が推定222Whです。

クマザキエイム社は「正弦波」出力と言っていますが、価格的に見て不可能であり、おそらく擬似正弦波出力です。

3位:ソーラー蓄発くん

レッツコーポレーション社の「ソーラー蓄発くん」は、52Wのソーラー発電+900Whの蓄電池が一体となったソーラー蓄電池です。

ソーラーパネルには単結晶を採用しているため、発電効率がよく、雨の日でも発電できます。

また、充電しながら電力を出力できることも大きなメリットです。

しかしランキング1位と2位のソーラー蓄電池に比べて、性能は格段優れていますが、価格が問題です。公式サイトでは43万円、私がネットで探した一番オンラインショップでも33万円します。

ランキング外:防水畜発くん

ランキング3位の「ソーラー蓄発くん」を販売しているレッツコーポレーションは、「防水畜発くん」という防水タイプのソーラー蓄電池を販売しています。

「防水畜発くん」は防水というメリットがありますが、「ソーラー蓄発くん」より性能は劣ります。また、価格が32万円もするため、今回はランキングから外しました。