>  > 評判の良い薪ストーブメーカー、悪い薪ストーブメーカー

評判の良い薪ストーブメーカー、悪い薪ストーブメーカー

スポンサードリンク

薪ストーブ設置業者によれば、薪ストーブメーカーのヨツールは評判の良く、ダッチウエストは評判が悪いです。

ヨツール:頑丈で故障しにくい

薪ストーブ日記「薪ストーブ、売りたくないは買ってはいけない」では、薪ストーブ設置業者が薪ストーブメーカーの裏話を暴露しています。

このサイトによると、ヨツール社の薪ストーブは頑丈でクレームが来ない、つまり故障しにくいようです。

また、私が直接聞いた薪ストーブ設置業者も、ヨツールを評価していました。

ただし、ヨツールは正規代理店が少ないことがデメリットです。都道府県によっては設置できないところもあるでしょう。

ドブレ:メンテナンスしやすい

先ほどのサイトの別の記事「ホンマ製作所の薪ストーブを馬鹿にされた」で、薪ストーブ業者が「ベルギーの薪ストーブが世界一」と言っていますが、ベルギー製の薪ストーブとは、このサイトで何度も登場するドブレの製品のことです。

ドブレの薪ストーブは簡単に分解することができ、メンテナンスがしやすいため、製品を長く使い続けることができます。また、ドブレはコストパフォーマンスが良いことも特徴です。

しかし、ドブレの薪ストーブを取り扱っている代理店が少ないことが残念です。

ハースストーン:暖かさが長時間続く

ハースストーンの薪ストーブはソープストーンを使っており、下のグラフのように暖かさが長時間持続します。
鋼板と鋳鉄とソープストーンにおける暖かさが持続する時間
(出典:長野総商株式会社「ハースストーン製品ラインナップ」

しかし、ソープストーンは暖かくなるまで時間がかかり、薪の消費が早いため、他社の薪ストーブに比べて何度も薪を投入する必要があります。

また、ソープストーンは割れやすいため、料理をする用途には向いていません。

よって、ハースストーンの評価は使用用途によって大きく異なるでしょう。

ダッチウエスト:故障しやすい

ダッチウエストは故障しやすいで詳しく紹介しましたが、ダッチウエスト社の薪ストーブは3~4年で故障するため、「お客様が欲しいと言っても売らない」製品のようです。

また、私が直接聞いた薪ストーブ設置業者も、ダッチウエストをあまりいいように言っていませんでした。一方、ダッチウエストは簡単に正規代理店になれるので取り扱っているところが多いようです。

その他

先ほど紹介したサイトでは、「バーモントキャスティングは良くも悪くもないが価格が高い」「エフェルはハーモニーαが良い」といったことを紹介しています。

設置業者も重要!正規代理店を選ぶべき

薪ストーブを選ぶ際は、メーカーだけでなく、設置業者も重要です。設置業者によっては煙突工事に関する知識がなく、薪ストーブの性能を低下させる場合があるからです。

まず、薪ストーブメーカーのサイトに掲載されている正規代理店に工事を頼んだ方が無難です。

また、正規代理店でもダッチウエストのように審査が甘いところもあるので、様々な薪ストーブメーカーから正規代理店として認められている設置業者の方が良いです。