>  > DIYで設置できる薪ストーブを比較

DIYで設置できる薪ストーブを比較

ネットで簡単に購入でき、そして薪ストーブ業者も取り扱っているDIYユーザー向けの薪ストーブを比較します。

スペックを比較

代表例はホンマ製作所とモキ製作所とノザキ産業の薪ストーブです。各社の薪ストーブの中から、二次燃焼が行え、暖房能力がほぼ同じ機種を比較しました。

薪ストーブ比較
ホンマ製作所
HTC-80TX
モキ製作所
MD80Ⅱ
ノザキ産業
2300型
最大暖房能力 15,000kcal 19,430kcal 17,000kcal
サイズ(mm) W680
D482
H691
W400
D620
H600
W513
D413
H698
本体重量 153kg 70kg 115kg
薪の長さ 45cm 44cm 40cm
本体材質 鋳鉄 鋼板 鋼板
推奨する燃料 広葉樹 広葉樹
針葉樹
広葉樹
煙突径 φ150mm φ150mm φ150mm
生産国 中国 日本 中国
価格 157,000円 205,200 円 70,000円

(価格は送料・税込み。楽天・Amazonの最安値を参考にしました。)

ホンマ製作所:最もユーザーが多い

ネットで探すと、DIYで設置している薪ストーブの中で、最も多いのはホンマ製作所が製造している薪ストーブです。

薪ストーブ日記のサイト管理人ように、薪ストーブ業者、つまり薪ストーブのプロがご自身の住宅にも設置するほど性能が優れています。

ただし、ネットではユーザーによって良い意見と悪い意見の両方に別れます。ホンマ製作所の鋳鉄ならびに鋼板製薪ストーブは中国製なので、同じ機種でも、品質に大きな差が生じているのでしょう。

ホンマ製作所は、鋼板製薪ストーブ「バルカン」シリーズや、(薪が横から投入できる)サイドローリング付きの鋳鉄製薪ストーブ「HTC」シリーズが人気です。

下の動画はバルカンAD-3000とAD-3600です。

そして、下の動画はHTC-80TXです。

モキ製作所:軽くて高温

モキ製作所が製造する薪ストーブは、他の薪ストーブとは大きく異なります。下の表はモキ製作所と他のメーカーとの違いです。

モキ製作所vs他のメーカー
モキ製作所 他のメーカー
本体が耐えられる温度 1,000度 400度
推奨する温度 800度 250度以下
推奨する木材 針葉樹・広葉樹・竹 広葉樹
重さ 軽い 重い

モキ製作所は燃焼炉を製造している会社であり、ストーブ本体はメーカーいわく1000度まで高温になっても耐えられる仕様に製造されています。また、燃料に竹を使ってよいことも特徴です。

また、800度の高温燃焼により煙と灰が非常に少ないことがメリットです。

薪ストーブは100kgを超える製品が多く、配達は営業所止めになったり、フォークリフトの免許が必要だったりと大変でした。

しかし、モキ製作所のMD80Ⅱのように、本体重量が70kgと軽量につくられているので運搬しやすいメリットがあります。

一方、モキ製作所の薪ストーブは独特の仕様であり、使いにくいという声もあります。特に、超高温燃焼によって燃料が早くなくなるため、薪の投入量は多くなります。

ノザキ産業

ノザキ産業の薪ストーブは価格が非常に安いことが特徴です。同じ中国製のホンマ製作所のものに比べて、1/2程度の価格です。

一方、販売業者が少ないことがデメリットです。

よって、薪ストーブの入門機として導入したい人には向いているでしょう。