>  > モバイルバッテリー付きスマホ用冷却ファンが登場

モバイルバッテリー付きスマホ用冷却ファンが登場

スマホが熱くなることで、アプリが動かなくなったり、本体が熱くて持てなくなったり、さらにバッテリーの劣化にもつながりますが、スマホ用の冷却ファンを使うことで温度上昇を抑えることができます。

ついに製品化

スマホに使えるモバイルバッテリー付き冷却ファンがついに製品化されました。スマホ用冷却ファンの中でバッテリー付きの製品は、事前に充電しておけば電源のないところでも自由に使用できることが特徴です。

そこで、2016年度時点で、モバイルバッテリー付きのスマホ用冷却ファンを販売しているメーカーの中から、次の3製品を比較しました。

スマホ用冷却ファンを比較
メーカー サンワサプライ タイムリー life_mart
製品名 400-CLN023 POKEFAN スマホ用ファン付きケース
バッテリー容量 1,000mAh 不明 5,000mAh
本体充電時間 1.5時間 不明 不明
冷却可能時間 5時間 不明 不明
本体からスマホへ充電 ×
スマホへの最大出力 5V/0.5A 5V/0.5A
ノイズ 24dB 22dB 不明
風量 4.53CFM 5.1CFM 不明
スマホの使用可能サイズ 縦:無限
幅:53~95mm
縦:無限
幅:無限
縦:無限
幅:無限
スタンド機能 × ×
風量切り替え機能 × × ×
本体サイズ W:61
H:118
D:41(mm)
W:90
H:54
D:18(mm)
W:70
H:140
D:14.8(mm)
保証期間 6ヶ月 不明 不明
その他 モバイルバッテリーとして使える。 タブレットにも使用可能。
本体とバッテリーが離れている。
モバイルバッテリーとして使える。
タブレットにも使用可能。
価格 3,980円 2,680円 2,980円

(価格はAmazonや楽天の2016年8月時点を参考)

サンワサプライ「400-CLN023」

サンワサプライ社の「400-CLN023」は、ファン部分とバッテリーが合体しているため持ちやすいことことが特徴です。

また、スマホの充電と冷却を同時にすることが可能なため、充電中のスマホの温度上昇を防ぐことができます。そしてUSBポートを搭載しており、スマホのバッテリーを充電できるためモバイルバッテリーとして利用でき、スタンド機能があるためスマホスタンドとしても使えます。

一方、冷却能力は低く、風量切り替え機能もありません。

タイムリー「POKEFAN」

タイムリー社の「POKEFAN」は名前の通りポケモンGOのために作られた冷却ファンですが、タイムリー社の公式サイトにも詳細なスペックの記載がなく、実態が不明です。

POKEFANはシリコン粘着で固定するため、タブレットパソコンなどの他の機器にも使用できる一方で、大きく出っ張るため持ちにくくなります。また、冷却ファンとモバイルバッテリーが分離しているため、それらをつなぐケーブルが邪魔になります。

life_mart「スマホ用ファン付きケース」

life_mart社の「スマホ用ファン付きケース」は公式サイトがなく、詳細なスペックが不明ですが、吸盤をつかってスマホに固定し、指を固定できるスタンドが搭載していることが特徴です。

USBポートを搭載しており、スマホのバッテリーを充電できるためモバイルバッテリーとして利用でき、そしてバッテリー容量が5,000mAhもあることが魅力です。