>  > 薪ストーブ型ロケットストーブを比較

薪ストーブ型ロケットストーブを比較

薪ストーブとロケットストーブを融合した製品が発売されています。そこで、各製品それぞれの特徴やメリット、デメリットを比較します。

1回の薪の投入で長時間の燃焼が可能

薪ストーブ型ロケットストーブである「かぐつち二号」と「コロケット」の特徴を表でまとめました。

薪ストーブ型ロケットストーブ
かぐつち二号 コロケット
特徴 燃焼効率が高い。
消耗部分は交換可能。
返品可能。
7メートル以上の煙突の横引きが可能。
10時間の連続燃焼が可能。
本体のサイズ 横幅:450
奥行:800
高さ1080mm
横幅:330
奥行き:742
高さ:915mm
本体の重さ 80kg 102kg
煙突径 φ120mm φ100mm
煙突の種類 シングル シングル
最高温度 300~400度
(ヒートライザー部)
300度以上
(ヒートライザー部)
価格 18万円 43万円

薪ストーブと比較して、ロケットストーブのデメリットは燃料(薪)の投入間隔が短いことです。20~30分に1度の間隔で燃料を投入しなければならず、手間がかかります。

一方、今回紹介する「かぐつち二号」と「コロケット」は1回の薪の投入で長時間の燃焼が可能であり、ロケットストーブの問題点を克服しています。

かぐつち二号

下は「かぐつち二号」を紹介した公式動画です。

全体構造はロケットストーブで、燃焼部分だけが薪ストーブの形をしています。

開発者の宇野勝氏によれば、かぐつち二号は二重煙突とシングル煙突との性能差が小さく、シングル煙突を利用できます。

ただし、煙突の高さが6メートルあると排気が悪くなるため、宇野氏によれば高さ4メートル以内が理想の長さです。したがって、設置できない住宅もあるでしょう。

かぐつち二号は性能の割に価格が低く、消耗しやすいヒートライザーとバーントンネルの部品は交換が可能なため、メンテナンスコストを下げることができます。さらに支払いは「後払い」ですることができ、製品に納得がいかなければ返品が可能です。

公式サイト:丹後ロケットストーブ(薪ストーブ)「かぐつち」

コロケット

下は川村製作所が公開している「コロケット」を紹介した公式動画です。

全体構造はロケットストーブで、燃焼部分だけが薪ストーブの形をしています。

一般的なロケットストーブは横引きが10メートルできますが、コロケットも7メートルの横引きが可能なため、煙突を自由に設置することが可能です。

コロケットは一度にたくさんの燃料(薪)を投入できること、そして10時間の連続燃焼が可能なことがメリットです。

一方、本体価格が高いことがデメリットです。

公式サイト:「コロケット」