>  > 室内暖房用ロケットストーブの実例集と製作費用

室内暖房用ロケットストーブの実例集と製作費用

スポンサードリンク

室内暖房用ロケットストーブは様々なタイプが製作され、ネットや書籍で紹介されています。その中から、製作費用がわかっているものを紹介します。

ヒートベンチ、ペチカ、4万円のもの・・様々なタイプがある

著書「DIYで楽しむ 手作りストーブの本」では、様々なロケットストーブの特徴や設計図、材料費、製作期間が紹介されています。

この書籍の情報をもとに、タイプ別の制作費用を紹介します。

温水機能付き

下は傍嶋飛龍氏が製作した、温水機能付きのロケットストーブです。
温水機能付きロケットストーブ
(出典:傍嶋飛龍のブログ「ロケットストーブ その32 更なる進化ロケットストーブ温水システム実験2」

ロケットストーブの天板の熱を使ってフレキシブルパイプを温め、お湯をつくる仕組みになっています。

材料費:4万円
製作期間:2年(現在の進行中)

コンパクト

下は玉置泰三氏が製作した、U字溝を使ったコンパクトなロケットストーブです。
U字溝のロケットストーブ
(出典:ロケットストーブマニア

詳しい製作費用については室内暖房用ロケットストーブの製作費用で紹介しましたが、ロケットストーブ本体部分は約1.5万円で製作できます。

材料費:6万円
製作期間:2年

ヒートベンチタイプ1

下は中嶋竜一氏と蔵田直樹氏が製作した、ドラム缶とレンガを使ったヒートベンチタイプのロケットストーブです。
ロケットストーブとヒートベンチ
(出典:那須野が原 生きものネットワーク「ロケットストーブを見学に行きました。」

材料費:12万円
製作期間:約3ヶ月(実働1ヶ月)

ヒートベンチ2

下はI氏が作成した、ロケットストーブとヒートベンチを融合したものです。
ロケットストーブと赤いヒートベンチ
(出典:八ヶ岳むらはま工房の北欧ログハウスな日々「ロケットストーブ見学(キッチンオハナさん)」

写真では(左上部の)赤いヒートベンチが一部しか写っていませんが、実際には写真に写っていない部分を合わせると6メートルの長さがあります。

ロケットストーブは配管を水平方向に10メートルまで伸ばせるので、設計上は問題ありません。

材料費:約60万円(ストーブ本体は2万円)
製作期間:約1年半

薪ストーブ+ヒートベンチタイプ

下は堀宏道氏が1,000個以上のレンガを使って製作した、ロケットストーブ+薪ストーブ+ヒートベンチの融合型です。
ロケットストーブと薪ストーブとヒートベンチ
(出典:笑ってはいけない、これがロケットストーブだ

(写真手前の)薪ストーブで薪を炊いて煙突への上昇気流を起こした後、ロケットストーブに点火します。

材料費:約30万円
製作期間:約3ヶ月

ペチカタイプ

下は片山浩二氏が製作したペチカタイプのロケットストーブです。
ペチカ型ロケットストーブ
(出典:建築工房 藁「ロケットストーブと薪ストーブ」

材料費:10万円
製作期間:約1ヶ月

スポンサードリンク