>  > 室内暖房用ロケットストーブの設置にかかる費用

室内暖房用ロケットストーブの設置にかかる費用

ロケットストーブを室内暖房として設置した際に必要な部品や費用を紹介します。

煙突と炉台で3万円

雑誌「ドゥーパ! 2015年12月号」ではロケットストーブの特集が組まれており、ロケットストーブの設置費用や設置方法を詳しく紹介しています。
ロケットストーブの設置費用
(出典:ドゥーパ! 2015年12月号)

煙突:2万円

まず煙突部分の設置ですが、次の図のように設置した場合を考えます。
ロケットストーブ煙突設置例
(出典:ドゥーパ! 2015年12月号)

上の図の設計で、すべてステンレス製のシングル煙突を使った場合は、以下の表のように全部で2万円の費用がかかります。

煙突部品の費用
煙突の種類 サイズ 単価(円) 数量 合計(円)
ステンレス 直筒 φ106mm 910 4 3,640
ステンレス 半直筒 φ106mm 630 2 1,260
ステンレス エビ曲45° φ106mm 650 2 1,300
ステンレス エビ曲90° φ106mm 650 2 1,300
ステンレス T曲 φ106mm 890 1 890
ステンレス H笠 φ106mm 1,510 1 1,510
ステンレス 二つ割 φ106mm用 360 2 720
ステンレス 自在煙突支え φ100~150mm用 680 1 680
メガネ石T100 φ106mm用 4,900 1 4,900
黒耐熱ステンレス メガネ石カバー φ106mm用 3,780 1 3,780
2×4材 メガネ石の突き出た厚み×300~350mm 600 適量 600
合計 20,580

(価格は楽天やホンマ製作所オンラインショッピングでの販売価格、税込み)

炉壁は不要

ドゥーパ!では炉台と炉壁を設置して温度を測定していますが、炉壁は手で触れられる程度の温度にしか上昇しなかったようです。

また、ロケットストーブを室内暖房として使っているユーザーのブログや動画を見ると、炉壁を設置しているユーザーはいません。ロケットストーブを壁から300mm以上離して、耐火レンガなどで工夫すれば、おそらく炉壁は不要だと思います。

炉台は1万円

一方、ドゥーパ!によれば焚き口の下のタイルは非常に熱くなるため、やはり炉台は必要です。

それでは炉台を次の図のように設置した場合を考えます。
ロケットストーブ炉台設置例
(出典:ドゥーパ! 2015年12月号)

上の図は炉壁(図の縦方向のケイカル板とかるかるブリックの部分)を含んだ設計ですが、炉台だけを設置した場合、以下の表のように全部で1万円の費用がかかります。

炉台部品の費用
部品の種類 サイズ 単価(円) 数量 合計(円)
ケイカル板 910×910×12mm 2,354 1 2,354
構造用合板 910×910×12mm 1,404 1 1,404
角材 35×35×910mm 560 4 2,240
テラコッタタイル 300×300×30mm 300 9 2,700
2×4材 89×38×910~950mm 1200 適量 1,200
合計 9,898

(価格は楽天での販売価格、税込み)

よって、ロケットストーブ本体とは別に、煙突と炉台を合わせて全部で3万円あればロケットストーブが設置できます。