>  > 【ウイクラ】スルーパス重視のフォーメーションと戦略

【ウイクラ】スルーパス重視のフォーメーションと戦略

スポンサードリンク

ウイニングイレブンクラブマネージャー(ウイクラ、PESCM)における、スルーパスが通りやすくなるフォーメーションと戦略の設定方法を紹介します。スルーパスが多いサッカーは見ていて楽しいのでオススメの戦略です。
ウイニングイレブンクラブマネージャーの大量得点

4-4-2がベスト

家庭用ゲーム機版のウイニングイレブンのデータから、フォーメーションは4-3-3や4-4-2、(相手が強いときは)4-5-1といった4バックがオススメです。

4バックの中でスルーパスが通りやすいフォーメーションは、4-2-2-2の配置でLMFとRMFを中央に若干寄せてOMFにしたフォーメーションです。
ウイニングイレブンクラブマネージャーのスルーパス用フォーメーション

フォワードはラインを合わせるよりも、バラバラにしておいた方が、私の経験ではスルーパスが通りやすいです。また、ミッドフィルダーにパスが上手な選手がいることが重要です。

攻撃タイプを「カウンター」、ビルドアップを「ロングパス」、攻撃エリアを「サイド」に設定すれば、中央から相手SBの裏をつくスルーパスが通りやすくなります。

一方、コンピューターの自動判断により縦方向のスルーパスが通ることもよくあります。

なお、戦略オプションの設定は以下の通りです。

ウイクラの戦略オプションの設定
項目 内容
ポジショニング フォーメーション重視
サポート距離 近い
攻撃人数 多い
追い込みエリア 中央
ディフェンスラインの高さ 高い
コンパクトネス 狭い
守備人数 少ない
オフサイドトラップ OFF

DMFの数に合わせて攻撃エリアを変える

下のように、SB前のDMFなどが2人以上の場合は攻撃エリアを「サイド」に設定した方が相手CBの裏へクロスが通り、得点が生まれやくなります。
ウイニングイレブンクラブマネージャーのスルーパス用フォーメーション

一方、DMFが1人だけの場合は、攻撃エリアを「中央」に設定すると相手CBの裏をつくスルーパスが通りやすくなります。攻撃エリアを「中央」に設定している場合でもコンピューターの自動判断によりと相手SBの裏をつくスルーパスが通りやすくなります

スポンサードリンク