>  > ペレットストーブの寿命は10年か

ペレットストーブの寿命は10年か

スポンサードリンク

ペレットストーブの設置業者によって意見は異なりますが、ペレットストーブの寿命(耐久年数)は7~20年です。

設置業者によって意見は異なる

金子稔「ペレットストーブの耐用年数どのくらい?お手入れ具合で異なる寿命」によると、ペレットストーブの耐用年数(寿命)について以下のように解説しています。

ペレットストーブの耐用年数は、メーカーや機種、素材となる鋼板の厚さ、使用時間や使用頻度によってまちまちですが7年~10年以上と言われています。

一方、我が家にペレットストーブを設置した業者によれば、「部品は故障するかもしれないが、本体は10~20年もつ」ようです。

つまり設置業者によって意見は異なりますが、ペレットストーブの寿命(耐久年数)はざっと10年程度ということでしょう。

ペレットストーブに関して解説しているサイトをいくつも見ましたが、「メンテナンス次第で寿命が大きく変わる」と紹介しているものが多いので、やはりペレットストーブの寿命を延ばすにはメンテナンスが重要だということがわかります。

着火ヒーターは3年、オーガモーターは5年で故障

ペレットストーブの着火ヒーターの寿命は3年ペレットストーブのオーガモーターの寿命は5~10年で紹介しましたが、ペレットストーブの着火ヒーターは3年で、オーガモーターは5~10年で故障します。

この着火ヒーターとオーガモーターが故障すれば、修理費用は数万円するので、こまめにメンテナンスした方がよいことがわかります。

そして、シーズンオフに煙突掃除もしっかりと行い、ペレットストーブを大事に扱うことが寿命を延ばすことにつながるのでしょう。