>  > インク代の安いインクジェットプリンターを比較

インク代の安いインクジェットプリンターを比較

インク代の最も安いインクジェットプリンターを探し、メリット、デメリットを比較します。(2016年時点)

A4プリント専用機

A4サイズまで対応し、コピー、スキャン機能のないプリント専用機の中で、インクのランニングコストが最も低い機種は次の通りです。

A4インクジェットプリント専用機を比較
PX-S160T GP-730 iB4030
メーカー エプソン エプソン キャノン
インクコスト
(A4普通紙1枚あたり)
0.3円
(モノクロ印刷時)
5.8円
(カラー印刷時)
2.0円
(モノクロ印刷時)
6.1円
(カラー印刷時)
1.8円
(モノクロ印刷時)
カラー印刷 ×
両面印刷 ×
ネットワーク 無線LAN
有線LAN
無線LAN 無線LAN
有線LAN
価格 19,906円 93,648円 12,399円

(価格は2016年5月時点、Amazonの最安値を参照)

エプソンPX-S160T

2016年2月、エプソンからインク代のランニングコストを極限に抑えた「エコタンク搭載」インクジェットプリンターが発売されました。

今までのインク代のランニングコストは、最も低い機種でもA4普通紙1枚あたりモノクロで約2円、カラーで約6円程度でしたが、エプソンのエコタンク搭載インクジェットプリンターはモノクロで0.3円、カラーで0.6円まで抑えています。

また、インクの交換頻度が大幅に少なく、2年分のインクがプリンター本体の購入時に同梱されています。

PX-S160Tは、このエコタンク搭載インクジェットプリンターの中で、価格が最も安いことがメリットです。

しかし、カラー印刷や両面印刷ができません。

エプソンGP-730

一方、エプソンの「GP-730」はカラー印刷や両面印刷に対応しています。

しかし、GP-730は価格が非常に高く、有線LANに対応していないので、無線LANを搭載しているパソコンのみ印刷が可能です。

キャノンiB4030

キャノン「MAXIFY iB4030」は、カラー印刷、両面印刷、無線LAN、有線LANにも対応し、本体価格が非常に安いことがメリットです。

A4複合機

A4サイズまで対応し、コピーやスキャン機能を搭載したインクジェット複合機の中で、インクのランニングコストが最も低い機種は次の通りです。

A4インクジェット複合機を比較
PX-M160T EP-M570T MB5030
メーカー エプソン エプソン キャノン
インクコスト
(A4普通紙1枚あたり)
0.3円
(モノクロ印刷時)
0.6円
(カラー印刷時)
0.3円
(モノクロ印刷時)
6.1円
(カラー印刷時)
1.8円
(モノクロ印刷時)
カラー印刷 ×
両面印刷 × ×
ネットワーク 無線LAN
有線LAN
無線LAN
有線LAN
無線LAN
有線LAN
価格 29,680円 40,530円 23,605円

(価格は2016年10月時点、Amazonの最安値を参照)

エプソンPX-M160T

エプソンの「PX-M160T」は、先ほど紹介したインク代のランニングコストを極限に抑えた「エコタンク搭載」インクジェットプリンターです。

PX-M160Tは、モノクロ印刷時、A4普通紙1枚あたり0.3円という低ランニングコストですが、カラー印刷も両面印刷もできません。

エプソンEP-M570T

一方エプソンの「EP-M570T」は、カラー印刷時、A4普通紙1枚あたり0.6円という超低ランニングコストが売りです。

キャノンMB5030

キャノン「MAXIFY MB5030」は、カラー印刷、両面印刷、無線LAN、有線LANにも対応し、本体価格が非常に安いことがメリットです。